先日焼きあがった水差し。土は古信楽と信楽の赤土を混ぜたもの。一応水差しの体だが、底もまわりも厚くて重く水差しにには不向き。厚さがこれだけ素人と玄人の差を決定付けるとは!。薄く成形してるつもりがまだ厚い。薄くしすぎると恐怖のアナアキ〜!難しい。素人だ。気をとり直して、釉薬は大好きタレタレ土灰を、ヒシャクでぶっかけ、境目を霧吹きでなじませ、下部は素焼きのまま還元焼成の炎におまかせって感じで、こんなあがり。釉がけに関しては、結構自信ありで、絶対先生に褒められるかと思っていたら見事スルーされた。キッチンのオタマ入れという、自分の居場所をちゃんと見つけて活躍中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です