新しく買った器ではありません。すべて私が作った器たちです。ブログの更新を怠っている間に始めちゃった陶芸、早1年になり、4月から研究科になって最初の作品達。どうっすかねえ?なかなか思い通りにいかないフォルム、予想のつかない釉薬の色や変化。上手く行かないことの連続で、世の見事なる器を作る職人さんの凄みを再再再認識するばかり。とは言うものの、己の作ったものはそれなりに可愛い。早速、越前の土で作り、赤鉄の釉薬を施したぐい呑(蕎麦猪口のつもりが、でかいぐい呑になっちまった)で、福島の山廃純米「末廣」を戴く。ちなみにアテは北海道の剣先するめ。これ至福。

久々のアップ。それは私のアイドルの展覧会に感動したから。新国立美術館の草間彌生、町田版画美術館の横尾忠則。圧倒的エネルギー、色彩の洪水。カッコイイ!楽しい楽しい。両展とも写真撮影オーケーでした。二人ともずっと描き続けてほしい。